自分のルーツを辿り再確認するランニング旅(大学入学~2年途中編)1/2

今回の記事は通っていた大学と住んでいた家・町までランニングで向かい、そして巡り、自分のルーツを再確認する私的回顧録となります。懐かしさにひたり、昔を悔恨するという何の役にも立たない個人的なポストになりますので、興味がおありの方だけどうぞ。

スポンサーリンク

プロローグ「発端」

昨年の夏休みは地元の同窓会に合わせて、走ってどこまで帰れるかという企画をやった。

そして2020夏。世はコロナウィルスが蔓延。高齢の父母・祖父に移すまじ、と本年の帰郷を自粛することにした。

いや帰省に限らず、旅行自体が自粛ムードである。昨年のようなランニング旅も難しい。

ということで思いついたのが、「自分のルーツをランニングで巡る」。

ならば、通っていた大学と住んでいた家がどうなっているのか?走って向かい、思い出の地を巡り、そして八王子の銭湯に入る、という日帰りランニング旅をしよう。

そうと決まれば、僕は着替えと入浴道具をsalomonのTrailBlazer20(1世代前)に詰め、日焼け・熱射病対策を施し、自宅を出た。

ちなみに、今日履き下ろしのNIKEズーム ライバル フライ 2のチェックも兼ねて。

ナイキ ズーム ライバル フライ2
外側と内側で色が異なるのが粋だ。オフセットされたシューレースがフットスケープを彷彿とさせる。

走って母校へ向かう

正午前に自宅から尻手黒川道路へ出た僕は、新百合ヶ丘方面へと走り続けた。

尻手黒川道路
王禅寺=新百合ヶ丘方面

8月中旬の真昼間、気温は35度。蒸しかえる高温サウナの中、死なないよう(これ大事)、適宜休憩をとりながら走ることにした。

ヨネッティー王禅寺
ヨネッティー王禅寺に差し掛かったので休憩をとることにした。
ヨネッティー王禅寺のプール案内
プール営業はしているが事前予約制となっている。

コロナ感染拡大防止のため、今年は横浜市も川崎市も市民プールは営業中止が多い。そんな中営業しているプールでは、ヨネッティー王禅寺のように事前予約制や人数制限を施している。子どもたちには不憫な夏だ。

ここでトイレ(小)をすまし、冷感タオルを濡らし(熱中症対策)、ポカリ(150円)を購入し、しばらく体の火照りをとった。

ランニング時の日焼け・熱中症対策
今年は各種対策が完璧だ。

ヨネッティー王禅寺を後にし、新百合ヶ丘駅へと向かう。

新百合ヶ丘駅
しんゆり到着!
新百合ヶ丘から平尾へ向かう道
新百合ヶ丘から平尾へ向かう。

新百合ヶ丘駅からは多摩方面へ抜ける平尾中央通りを平尾方面へ。

暑くて炭酸が飲みたくなり、2回目の休憩。

エナジードリンクZONE赤
コンビニでエナドリZONE(赤)206円

大容量なのはありがたいが、赤はあ・ま・い! 口中があまったるくなってしまった(汗)

三反田湧水公園
ちょっと寄り道。
三反田湧水公園の水飲み場
冷感タオルを濡らし直す。
三反田湧水公園
暑いから公園で遊ぶ子は皆無・・・。

この辺り(稲城市平尾4丁目周辺)は山のてっぺんあたりで新興住宅エリアなのか、きれいな戸建てが連なり、道路もキレイ。

上平尾トンネル
上平尾トンネルを過ぎるまで登り基調。

でもキレイなのは上平尾トンネルを抜けるまで。トンネルを抜けたら左手に曲がって、中学校沿いに旧道みたいな道路を走って下ったな、前に来たときは・・・。

道ができとる!!

坂浜平尾線
新道ができてた。歩道ができてなかったが。

トンネルを抜けたら坂浜平尾線という新しい道路ができていた。京王相模原線をくぐり、坂を下る。

若葉台入口交差点
若葉台入口交差点を通り抜ける。

若葉台の連立するマンション群を潜り抜ける。多摩ニュータウンやー。そしてまた登り坂だ。

そういえば以前ここを走ったとき、コーチャンフォー若葉台かヤマダ電機へ入る駐車場前にいた警備員のおじちゃんが面白かったな。 松崎しげるみたいな濃いめの顔立ちで、日焼けした真っ黒な肌(まさに松崎しげる)の人で苦しそうに登り坂を駆け上る僕に、

おじちゃん「ファイトですよー!!!」 (右手はガッツポーズで)

24時間テレビのマラソンランナー気分になった。ZARDの「負けないで」が流れた。

そのおじちゃん、いるかなー?と思ったけど、いなかった。残念。そして駐車場に入る車に轢かれそうになった、ゴルァ!

多摩市突入の看板
多摩市突入!
多摩東公園交差点
多摩東公園交差点。右に行けば聖蹟方面へ。今回は直進。

小田急・京王相模原線を左手に望みながら今度は坂を下る。セブンで3回目の休憩だ。

アイスボックスと炭酸水
ICE BOXとセブンPBの強炭酸水レモン

だいぶ体温が上がって体が動かなくなっていたので冷却しようとアイスでも・・・、と思いセブンに入ったらICE BOXが90円だったので、レモン炭酸水と一緒に購入。

なんでかって!?

ICE BOXをカップ代わりに、炭酸水を入れて飲むのさ!!

スポドリの炭酸みたいになって、水分ミネラル補給&炭酸で爽快リフレッシュ&余った氷で冷却、と一石三鳥くらいになる、夏におすすめの飲み方。さ、出発しよ。

ちなみに飲んでいる間、「キスが冷たいよ~♪」が脳内でエンドレス。(90年代ならわかるはず)なつかしい。

諏訪下橋交差点
諏訪下橋交差点で鎌倉街道にぶつかる。

ここから母校への最短ルート (暑いし、母校のあとは住んでいた家と八王子まで行くから体力を残さないと) を Google マップをチラチラ見て道を確認しながら走る。

多摩ニュータウン看板
途中見つけた「多摩ニュータウンとは?」の案内看板

愛宕北通り入口にあった案内看板で、多摩ニュータウンの歴史を勉強。

大栗川
大栗川河川敷に突入し、上流方面へ。
大栗川から望む帝京大学
右手にそびえたつのは帝京大学。
多摩モノレール大塚・帝京大学駅
見えてきたのは多摩モノレールと大塚・帝京大学駅!
多摩モノレール大塚・帝京大学駅改札
多摩モノレール大塚・帝京大学駅改札
多摩都市モノレール
多摩モノレールを見上げながら走り出す。

この多摩モノレールは在学中はずっと建設中で、僕が卒業する間際にやっと開通したんだよね。授業もないから(それかあっても行ってなかった)通学で利用した記憶はほとんどなし。

というわけで、

多摩モノレール中央大学・明星大学駅
せっかくキャンパス近くに駅ができても恩恵を被れず・・・。

けど、この中央大学・明星大学駅も、多摩モノレールができるまでの最寄り駅の多摩動物公園駅も、改札を出てどっちに曲がるかが人生の分かれ道、ていうネタは変わらず。

明星大学
改札を出て左に曲がると明星大学

改札を出て右に曲がると中央大学。注)このネタを言ってたのは明星大の人だからね。自虐ネタ。

十数年ぶりの母校

そして、「どうも卒業生です。当時の学生番号は〇〇C〇〇〇〇0〇〇Fです。久しぶりにきたので見学させてください。」

中央大学多摩キャンパス駐輪場
こっちの駐輪場は自分の学部棟からは遠くてあまり停めなかった。
中央大学多摩キャンパス第一体育館
第一体育館。入学したての健康診断だったか体力診断で来たなー。
中央大学多摩キャンパス
夏休みだからか誰も歩いてない。
中央大学多摩キャンパスの池
中央大学の池。錦鯉がいた。
中央大学多摩キャンパス錦鯉発祥の地看板
長岡って地元じゃん
中央大学多摩キャンパスの池にある看板
なんと地元長岡の山古志から来た錦鯉だった。意外な縁。
正門から望む中央大学多摩キャンパス
正門から望む。

そういえば、アニメ「落第騎士の英雄譚」の舞台って中央大学多摩キャンパスだよね。ところどころ見覚えがある背景があった。この正門からキャンパスへの上り坂は、最終話で主人公がぼろぼろの姿で決戦に向かうが、この坂でヒロインや友達が主人公を待っている、という画があった。

あれだな、ファンにとっては「聖地」というやつだ。

あと在学中にドラマ「ひとつ屋根の下」のロケで同じく多摩キャンパスを使っていた。残念ながら撮影現場は見れなかったけど。大路恵美が来てるっとか、騒いでたな。

セントラルプラザ。
中央図書館。
ヒルトップ
学食、生協があるヒルトップ

中大が誇る学食は工事中でヒルトップには入れず。今はどんなのが入っているんだろう。僕の時は4Fのシダックスはまずくて空いていたから、割とそこでたむろってた。

個人的には3Fの中華と4Fのおろしとんかつが好きでよく行っていたかな。卒業後にはマックが入ったと聞いたこともあるけど、工事中で現在をうかがい知れず残念。

麦茶
生協前の自販機で麦茶購入。120円。
中央大学多摩キャンパス商学部棟
商学部棟。窓の耐震補強は僕が在学中にはなかった。
中央大学多摩キャンパス大教室
大教室が入る8号館。放課後ベンチであの子と話したなぁ(遠い目)
中央大学多摩キャンパス陸上競技場
陸上競技場。体育はアルティメットを選択してフィールドでやったなぁ。

高校時代は陸上部に所属していた。受験するときの正月の箱根駅伝で優勝したのが中央大学だった。中継所でタスキをつないで倒れこむ選手をタオルで受け止めている画をテレビで見て、自分もそれでテレビに映りたいと思ったのが、中大受験の動機の一つ。(しょーもなー)

なんで、選手じゃないのかって?

長距離苦手だもん (専門は跳躍)

ジャンプ力があったんだけど、当時スラダンで爆発的人気のバスケはミーハーすぎて嫌だったし、バレーボールも別に好きじゃない。中学は野球をやっていてチーム競技から個人競技をやりたかったのと、近所の知ってる先輩もいたから、高校では陸上部に入った。

最初は走高跳だったんだけど、猫背だからか背面飛びができなかった(涙)。そして三段跳びへ転向した。

つまり、走る距離は一番短かった。 (助走)

それが何の因果か、今じゃめっちゃ長い距離を好んで走るっていう・・・。人生分からんね。

ついでにここで中大への進学理由を。当時はもうバブル崩壊して氷河期時代。いい大学をでれば、という風潮も強かった。僕自身お金持ちになりたいってのもあったから、最初興味のあった心理学から実学系へ。そして稼げそうな資格を調べていったら、三大難関資格の医師・弁護士・公認会計士を知った。公認会計士・・・。

金の亡者の俺に相応しい。

よし公認会計士を目指そう、となると合格者実績が高く、経理研という大学内のダブルスクールがありサポートも手厚そうな中央大学がヒット。商学部ならほぼ安全圏だった。そして決め手は・・・。

おらぁ、東京さ行ぎてぇだ!(東京都だけど多摩の山の中じゃねえか)

中央大学多摩キャンパス駐輪場西側
原チャで通学したけど、商学部棟に近い西側の駐輪場よく留めていた
中央大学多摩キャンパスの下り坂
この下り坂で一回おかま掘った

と色々思い出は尽きないけど、日も暮れかけてきたので母校を後にして、最初に住んだ豊田へ向かうことにした。

長くなったので一旦ここで区切る。

つづく

スポンサーリンク

旅ラン

Posted by