川崎市多摩区・読売ランド前駅のよしの湯(ヘルスよしの)は健全に気持ち良くなれる銭湯だ!

巨人への道での階段ダッシュ練習の汗を流しに川崎市多摩区西生田にある銭湯「よしの湯(ヘルスよしの)へ行ったレビュー。

スポンサーリンク

読売ランド前駅から徒歩3分と近い!

よしの湯(ヘルスよしの)の最寄駅は、

小田急線の読売ランド前駅

読売ランド前駅から徒歩3分(距離約250m)ととても近い!

南口を降りたら、よみうりランド駅前通りを歩く。

川崎市多摩区の銭湯よしの湯(ヘルスよしの)の外観
すると、セブンイレブンの斜向かいにある、ドライブインみたいな建物がよしの湯(ヘルスよしの)だ。(奥は二階建ての住居の模様)
(2022年6月撮影)

両脇が駐車場のようで、2台停まってた。またコインランドリーの併設あり。店前は自転車置き場になってた。

なお、店名に「ヘルス」と名が付くが、

決して(小生が好きな)いかがわしい店ではない!

16時営業開始!

よしの湯(ヘルスよしの)の営業時間は、

16時~22時

夕方16時営業開始とちと遅めだが、よみうりランドで遊んだ後に風呂に入るにはいいかもしれない(丘の湯が隣接してるけど)。

定休日は月曜日(月曜祝日の場合は翌日休業)

訪れた月は、第4火曜日も休みで連休になってた。

川崎市多摩区の銭湯よしの湯(ヘルスよしの)の玄関
いざヘルスよしのに入店!
(2022年6月撮影)

ドキドキ❤

※だからいかがわしい店じゃないって。

スポンサーリンク

入浴料金を現金払い。サウナは有料だ!

玄関に入ると、両脇が傘用ロッカー。下駄箱はNo.100まであり、一番下段はブーツ用の細長い下駄箱だ。

短靴用下駄箱は小さめだけど、小生のNIKE厚底ランニングシューズ28センチ(SU10)はギリギリ収まった。

鍵はレトロな木札で、「これぞ銭湯♪」て感じ。この玄関で「ヘルスよしの」が、決していかがわしい店ではないと気付くだろう。


自動ドアがウィンと開く。目の前に純喫茶ばりの赤い絨毯のロビーが広がる。くるりと左後方へUターンすると、フロントがあった。

入浴料金490円現金で支払い。

カウンター上の札でサウナの入室人数を管理しているようだった。

鹿島田の多賀良湯で入湯制限していたのを思い出した。

小生の入店時点で、サウナはあと6名だった。


で、サウナ料金は有料で230円だったが、LPガス値上がりにより、

6/1から250円に値上がりしてた。

ので、要注意☆。

フロントに向かって左が女湯、右が男湯だ。

トイレは大小分かれるが、スリッパは一つ。

脱衣所に入ったら、眼前の突き当たりにトイレがあった。先にトイレに行っておこう。

トイレは小便器と和式便器の2室に分かれてる。

だけど、スリッパは1つだけ(?)。

いや、これならスリッパは2つ必要なんじゃない???

スポンサーリンク

脱衣所は広いけど、ロッカー数は少ないかもしれない。

ロビー側の壁面にサウナ客用の縦長ロッカー(7列2段)がある。

また、一般客用の縦長ロッカー(4列2段)と洗面器が入るくらいの貸しロッカーもある。

縦長ロッカー内はハンガーバーが渡され、ハンガーが掛かっている。仕事帰りのビジネスマンには嬉しいが、ブリーフケースは入らなそうだ。

また、「鍵を持ってかないで」と悲痛な注意書きが貼ってある。どうやら鍵を持ち帰った輩がいるらしく、縦長ロッカーの上段は多分鍵がなく使えない。

けど、他にもロッカーはある!

上下2段(上段4列・下段3列)の背が低い中置ロッカーが、浴室側と外壁側の2か所に置いてある。

これらは天板の上も荷物置きに使えるゆえ、荷物が多い銭湯ランナーに使いやすい♪。

上段の小さめロッカーでも、小生のSalomonトレイルブレイザー20Lは無事収まった。

ただ、鍵に付いてるのがゴム紐なのがゲンナリ⤵。(前の客が使用して湿ってるのが気持ち悪くて嫌なので、カールコードがいいのだ。)

てことで、サウナ客ロッカーと貸しロッカーを除くと、22個のロッカーがあるわけだが、鍵がないものを考えると・・・、

意外とロッカー少ないかもしれない。


さて、女湯側の壁には洗面所が1つと、ドライヤーが1機あり(料金は2分20円)。

外壁側には、昔懐かしいブラウン管TV(アスペクト比が1:1くらい)があった!

テレビは常時映し出しでなく、リモコンがあるので見たい人が電源を操作でき、選局も可能だ。

他には扇風機、エアコン、TV前に一人掛けの椅子が2脚置いてある。


その他脱衣所内には、レトロな秤式体重計「子どもが飛び跳ねないように、お父様は注意してね」という貼り紙あり)や、足踏み可能な足ツボ刺激板があった。

また脱衣所中央には、畳1畳を座面にしたベンチが2台置いてある。

なお天井は高くて、格天井・・・じゃないけど、なんか格子状の跡があったw。だから昔は格天井だったのかもしれない。

ランニングウエアを脱ぎ捨てたら、手動ドアを開けて浴場へ!

スポンサーリンク

シャンプー・ボディーソープの備え付けはない!

洗うところは、女湯側に7席と島カランが2列ある。女湯側の島カランは表&裏の2面に5席ずつあり、外壁側の島カランは片面のみ5席。よって、トータル22席の洗い場だ。

外壁側には立ちシャワーが2ブースとボディシャワーがある。突き当たりに内湯浴槽が3種類

よしの湯(ヘルスよしの)の浴場は、奥行はあまりないが、幅はあるように感じる。

で、よしの湯(ヘルスよしの)には、

シャンプー・ボディーソープの備え付けはない!

持参が必要だ!

シャワーの水圧は、強めで申し分なし!熱くもなくぬるめで、ちょうどいい温度!

※シャワーがない席が4席ほど見受けられた。


洗いながら浴場内を見渡す。

天井はドーム型で高い。四角い穴が4個くらいあったけどダクトかな。壁に付いてる蛍光灯は間引いてるのか一つ置きに点灯してる(脱衣所もそうだったけど)。けど外光も差すし、空間が広いからそんなに暗くない。

鏡やカラン、タイルに関しては、歴年の使用を感じさせる。曇ってたり、カビてたり、水垢が付着してたりなど。加えて、天井や壁板もカビや剥がれがあり、よしの湯(ヘルスよしの)の歴史を感じさせる。

背景画のペンキ絵はないけど、代わりにタイルによる抽象的アートがある。これは多分・・・、花だな。

カラダを清めたら風呂だ!

なお、島カランの上は浴用品が置ける棚になっている。

石鹸やタオルはここに置いて、他の客がカラダを洗えるようにしよう。府中のあけぼの湯みたいにカランに浴用品を置きっぱなしにして、新規客がカラダを洗えない(T_T)なんてことがないように。

スポンサーリンク

健全に気持ちよくなれる風呂たち!

川崎市多摩区の銭湯よしの湯(ヘルスよしの)の看板
よしの湯(ヘルスよしの)にはいろいろなお風呂がある。
(2022年6月撮影)

ジェット座風呂

背景画下にある内湯浴槽は3種類。まず女湯側の青いタイルの四角い浴槽から。

ここはジェット座風呂が2席分!

浴槽内の段差を降りると、水深1メートルくらいで深い。足裏・ふくらはぎ・腰・背中に左右2条のジェット水流がヒットして、カラダをほぐしてくれる!

特筆すべきは、

小生のわがままボディの癒してほしいポイントにヒットすること! 

たいていの銭湯だと、ふくらはぎへのジェットは足首の上あたりにヒットする座風呂が多い中、よしの湯(ヘルスよしの)のジェットは腓腹筋にちゃんとヒットする!

そして水圧も弱くなく、勢いがあるから気持ちいい!(健全に)

ちなみに、水温は壁の温度計だと42度を示していた。まあ、そんなもんかな?体感では。

気泡沸き立つバイブラバス

真ん中の浴槽は、四角でなく丸い。

床からブクブク気泡が沸き立つバイブラバスだ!

ここも段差はあるが深くなく、体育座りで丁度いい深さ。温度はさっきのジェット座風呂と同じくらいかな。

水底からミクロとまではいかないが、中程度の気泡が勢いよくブクブク沸き立っている

気泡は勢いがあるので、このバイブラバスも中々気持ちいい。(健全に)

スポンサーリンク

ビリビリ電気風呂

そして最後の浴槽はエレキ風呂

電極が背景画下の壁と、浴槽入り口の壁に付いている。ってことは、

浴槽入り口側の電極は死角になっている。

なので、覚悟なく不用意に湯船に足を突っ込むとビリビリして驚くぜw。大人3人くらいが横並びできるくらいの幅の真ん中に、電極が付いているので要注意だ。

よしの湯(ヘルスよしの)の電気風呂は、もみパターンなしのビリビリタイプ

水深は体育座りでちょうどいい浅さ。この深さなら、立ったまま電極前に立てば、ふくらはぎをビリビリマッサージしてくれる。

こりゃー気持ちいい。(健全に)

電気風呂の気持ちよさに目覚めたかもしれない。


で、この浴槽は入り口と背景側に電極があるのだが、外壁側には水枕が付いている。

この水枕、水面から約10センチほど上にあり、これが小生の頭の位置にベストヒット!

得てして水面のギリギリ上に置かれている水枕が多い。この位置だと、肩甲骨あたりに水枕が当たってしまう。よって、水枕に頭を預けるには浅く腰掛けるしかない銭湯が多い中、よしの湯(ヘルスよしの)の水枕の位置はちょうどいい!

(高身長の小生といえど180センチくらいなので、そんなにイレギュラーな体型ではないと思う。)

したがって、よしの湯(ヘルスよしの)の内風呂は全て気持ちよかった

健全に。

健全なクスリ風呂もある!

よしの湯(ヘルスよしの)は他にも風呂がある。内湯浴槽の横にあるサッシから、もう一つの部屋へ行けるのだ。

入ると、目の前にクスリ湯水風呂、右側にドライサウナがある。


えんじ色のタイルのクスリ風呂へ入ってみる。

ぬるい。

体感的には38度?くらいかな。

生薬というか漢方みたいな香りがする。また、お湯は少し茶色く濁ってる。

大人2人が横並びで入れるくらいでそんなに広くないけど、じっくり浸かるとじんわり汗が出てくる。

うぃ~気持ちいい。(健全に)

ちなみに、この別室は露天風呂ではなくてちゃんと屋根がある。けど、天井の板は剥がれていて、紙や養生で蓋をしてたw。荒屋みたいになっとるww。

あったかいお風呂は以上だ。

スポンサーリンク

100度を超える高温サウナ!

サウナは時間がなかったのでつけなかったが、有料だ。

ドアはサウナキーが必要。けど、「サウナ料金を払わないでサウナに入ると、500円申し受ける」という内容の注意書きが貼ってある。

ちなみに、この貼り紙では、サウナ料金は値下げ前の230円のままになってたw。

サウナ客には、サウナキーとオレンジ色タオルが入ったサウナバッグが渡されてる。サウナ室横の壁にフックがあり、サウナバッグを掛けられるようになっている。

サウナ室ドア上の温度計は、120度弱の高温を示していた。(@_@)

外からサ室内を覗いてみると、割と広めでL字型の2段サウナ。7人くらい座れそうだ。

次回時間があったら、この高温サウナに入ったみたい。

水風呂もある!

サウナ室の前(薬湯の隣)に水風呂がある。

サウナを出たらすぐに水風呂に入れるナイスな間取り👍。

壁の水温計は26度を示してたけど、そんなにぬるく感じない。程よい冷たさだ。

広さもクスリ湯と同じくらい。大人2人が横並びできるくらいの幅だけど、奥行があるから向かい合えば3人は入れそうだ。


あとクスリ湯の前の壁に、水飲み場(?)がある。

蛇口をひねると、鯨の潮みたいに水が上に出る。これはもう、水飲み場の蛇口だけど、この水が飲めるかどうかわからないのでやめといた。(飲用に関する貼り紙なし)

脱衣所にウォータークーラーや自販機はなかったから、水分補給用のドリンクは持参が必要だ。

スポンサーリンク

露天風呂はなし!

よしの湯(ヘルスよしの)には露天スペースはないので、外気浴もできないのが残念。

浴場内にも特に休憩スペースは設けておらず、浴槽の縁に座って休憩してる人が割といた。

あと島カランのカランがない片側に風呂椅子を置いて休憩もできる。

ボディーシャワーは故障中?

その他、よしの湯(ヘルスよしの)には立ちシャワーボディーシャワーが外壁側にある。

ボディーシャワーは円柱型のブース。四方八方からわがままボディーに向けてシャワーを浴びせ倒すというものw。拷問器具のアイアンメイデンを想起させるデザインだ。

ボディーシャワーブース入り口の壁に、スイッチボタンがあるので押すが・・、

シャワーが出ないぞ?

何回押しても出ない。

壊れてるみたいだ。

故障中の貼り紙などはなかったけど、他にボディーシャワーを浴びてる人もいなかったから、きっと壊れてるんだろう。

一方、立ちシャワーは大丈夫。壊れてない。2ブースの両方ともお湯と水が出る。

「バブルを強く締めすぎないように」といった内容の貼り紙があるが、

「バブル」でなく、「バルブ」じゃない?

故意なのか天然なのかはわからないwww

ちなみに、立ちシャワーブース内には、石鹸置きトレイもあった。いいね👍。

サウナには入らなかったので、風呂と水風呂or立ちシャワーで温冷交代浴をかまして風呂を出た。


ロビーはローテーブルを挟むようにレザーのソファーがある。最大5人座れるが、「×」印の貼り紙でソーシャルディスタンスを取れるよう間引いてあった。てか、革が劣化して破れてたw。

TVや飲料水の販売もあり。あと、大きなガラスのショーケースに浴用品販売をしていたが、一番下段におびただしい数の招き猫が飾ってあった。

これなら商売繁盛して、ボディーシャワーや天井など修繕できるんじゃないかw。


おしまい。

スポンサーリンク