大田区のヌーランドさがみ湯は毎月26日がオススメ!600円でサウナもはいれるぞ!

月例川崎マラソンの汗を流しに、大田区仲六郷2丁目にあるヌーランドさがみ湯へ行ってみた。

スポンサーリンク

京急線雑色駅から徒歩5分!

ヌーランドさがみ湯の最寄り駅は京浜急行本線雑色駅

雑色駅からはB級スポットのタイヤ公園方面を目指し、徒歩約5分(距離約450m)と近い。

次いで、蒲田駅からもアクセス可能だ。徒歩約15分(距離約1.2km)だが、東急池上線・多摩川線、JR京浜東北線が利用できる。

大田区の銭湯「ヌーランドさがみ湯」の外観
銭湯ってよりは文化施設みたいな雰囲気。
(2021年12月撮影)

ヌーランドは駐車場完備!

ヌーランドさがみ湯は駐車場が完備されている。

B1Fが駐車場で18台分は収納可能だ。

駐車料金については下記の通りだ。

ヌーランドさがみ湯
を利用する場合
駐車料金
入浴のみ利用1時間無料
サウナセットを利用3時間無料
全館利用パック利用5時間無料

超過した場合は、下記の駐車場のみ利用した場合の料金となる。

駐車場のみ利用の場合駐車料金
8~22時30分200円
22~8時60分100円
※税込み価格
※最大料金1,200円(入庫後24時間ごと)

スポンサーリンク

午前10時から営業開始!

ヌーランドさがみ湯は年中無休で、

毎日午前10時から午後11時まで

営業している!

だから川崎月例マラソンを走った後に営業しているからありがたい!

大田区の銭湯「ヌーランドさがみ湯」の入り口
階段を上り、いざヌーランドさがみ湯へ!
(2021年12月撮影)

自動ドアが開くと広いロビー。下駄箱は右手、左手に券売機とフロントだ!

いきなりの100円要求!

下駄箱にランニングシューズを入れようとしたら、

100円硬貨を要求された。

※コインバック式だから実質無料だ。


が、我が財布に100円玉がない!

しかし、安心してほしい。

券売機の隣に両替機がある!

(500円玉と1,000円札の両替が可能だ。)

チャリン♪チャリン♪チャリン♪

※両替した音

下駄箱はスーパー銭湯みたいにたくさんある。小さめの下駄箱だが、小生のNIKE厚底ランニングシューズ28センチは無事収まった。

大田区の銭湯「ヌーランドさがみ湯」の下駄箱
69という数字は特別だ(2021年12月撮影)

ちなみに、下駄箱コーナーの影にスロットやゲーム機が見えるが、やる奴いんのか?

スポンサーリンク

一見にはわかりづらい券売機

大田区の銭湯「ヌーランドさがみ湯」の券売機と両替機
券売機(右)と両替機(左)
(2021年12月撮影)

で、券売機へ行く。

ここで悩む。

どれ、押しゃぁいいんだ?

分かりづらいんだ、券売機。

入浴だけにするか、サウナも付けるか考えてたんだけど、「入浴+サウナ800円」のボタンが押せなくなってる。( ゚Д゚)?

「全館利用」も何が利用できるのか?よう分からん。


とりあえず普通に入浴券(480円)を買って、フロントでサウナについて聞いてみるか。

毎月26日はお風呂の日!通常800円のところ600円でサウナも入れる!


フロントで券を出して聞いてみると、

毎月26日はお風呂の日

ってことで

600円でサウナに入れるらしい!

てことは、通常は入浴料金+320円のところが、

今日は+120円か!

ならばと、フロントで差額120円を現金支払いしてサウナも付けた。


サウナ客には、サウナキー・バスタオル・フェイスタオルの入ったバックを渡される。

この時、下駄箱の鍵と交換だ。

ちなみに、フロントの上にはサインがズラリと並んでいた。

誰のサインかは分からん。


2階へ上がる階段があるが、お風呂は階段の影(裏側)にあった。いざ男湯へ。

※26日は全館利用も600円みたい。全館利用は2階の施設も利用できるとのことだが、何があるかは風呂の後で2階に行ってみよう。

スポンサーリンク

またもや100円硬貨の要求!

脱衣所に入ると、壁伝いのL字にロッカーがずらりと並ぶ。中置きロッカーも一つあり。

いづれも3段で仮設トイレみたいな簡易な造りを感じさせるロッカーだ。

そして、扉はベージュとグリーンが交互に並んで市松柄のようになってカラフル。


で、当然かのように(!?)下駄箱に続き、

100円硬貨を要求された。

メガネ置きトレイやハンガーバーやフックもない、仮設トイレみたいなロッカーのくせに。

※もちろんコインバックで実質無料。


トイレ行っとこ。

トイレは洋式が一つ。

あと脱衣所内はベンチが2台に、1人掛けの藤製椅子が数脚散らばっている。


女湯側の壁には、洗面所が4つ並び、両脇にドライヤーがある。

20円で5分はコスパ高くない?

大体3分だろ?ロスタイム2分もある。

風呂の出入り口側には、大きな扇風機が回っている。扇風機そばにはデジタル体重計ウォータークーラーがある。

体重計に乗ったら65.5kgだった。今日は既に25km走ってる。

サウナで更にどれだけ絞れるか?

ランニングウエアを脱ぎ捨て、フェイスタオルを持ってさぁ風呂へ!

シャンプー、ボディーソープの備え付けあり!

ヌーランドさがみ湯の浴場は広め。

女湯側の壁にサウナ・内湯が並び、反対の外壁側はカランと立ちシャワーと黒い浴槽がある。突き当りは露天風呂への扉がある。

カランは全部で25くらい。

(うち水風呂そばにあるカラン3つはシャワー無し。)


ヌーランドはシャンプーボディーソープ備え付けあり!

もちろん無料で使用可能だ。


2席に1セットくらいの間隔で置いてあるから、シャンプー・ソープの争奪戦にはならないだろう。

カランは水温調整可能な混合栓で、シャワーもホースタイプ

このあたり、スーパー銭湯ばりの設備だ。


カラダを清めたら、内湯へGO。

スポンサーリンク

ジェット・バイブラ・寝風呂・電気風呂

浴槽が階段を上った少し高い位置にあるジェットバス

ただ「ジェット」とは名ばかりで、浴槽の隅で1条のジェット水流が出てるだけ

水深は120cmくらいで深いので、ちびっ子は注意されたし。

お湯は少し熱めで、体感42度くらい。

割と広めの浴槽は、ジェットが隅っこに一つあるだけだから、「ジェットでマッサージ」ってよりは、お湯に浸かる風呂かな。


その隣の浴槽は、寝風呂ジェット×2電気風呂だ。

寝風呂は水枕付き。足裏・ふくらはぎ・腰・背中にジェット水流によるマッサージ。

小生の足が長いせいかw、寝ると膝を折らなきゃいけなくて、ふくらはぎとジェットの距離が離れて水圧が弱まってしまうが、それ以外の部位はジェットマッサージが気持ちえぇぇ。

水枕とのポジションもよく、 気持ちえぇぇ 。( ̄ρ ̄)ハゥゥゥ

電気風呂は揉みパターンなしのビリビリタイプゆえ、足のマッサージには合わず。

これらは最初の風呂よりは、少しぬるめで40度くらい。


さらにその隣はバイブラバス

ここも浴槽が広めでお湯がぬるい。40度くらい

けど、ぐつぐつと泡が沸き立っている。

ぬるいけどw。

で、その隣が水風呂で、対面に黒湯温泉があるのだ。

天然黒湯温泉が内湯にも露天にもある!

ヌーランドさがみ湯は温泉にも入れるのだ!

黒褐色のお湯は天然の黒湯温泉

神経痛・関節痛や冷え性、打ち身・切り傷等の外傷のほか、消化器系や皮膚疾患など、広範囲に効能が及ぶ。

黒湯温泉もぬるめで40度くらいかな。冷鉱泉のようで加温してるようだ。


そして、露天風呂もあるのだ!

ヌーランドには背景画はないが、突き当たりに屋外へ出る扉がある。

ドアを押し開くと、竹囲いに囲まれ、下へ降りる階段が用意された踊り場みたいなスペースになっている。

外に出るとすぐ右側に椅子が1脚置いてある。

サウナ後の外気浴ができるw

で、階段を降りると露天風呂があるのだが、石畳の床に、壁の下半分が石壁・上半分が白塗りになった蔵みたいな和風風呂だ。

屋根に覆われて庭付き。高い竹の目隠しで覗かれることはない。外気との差で白い湯気が立ち込める。

薄暗くて秘境の温泉みたいな雰囲気だ。


露天風呂のお湯は内湯にもあった黒湯温泉

湯温も40度くらいで内湯と同じだから、温泉に入るならこっちの露天風呂の方が雰囲気バツグンでおすすめだ。


では体も温まったので次はサウナだ!

スポンサーリンク

ガス遠赤外線サウナ!

サウナ室ドアは浴場出入り口付近にある。

サ室のドア脇には浴用品を置けるラックがあるからイイネ!

加えて、そのラックにサウナマットも何枚か置いてあり、

「マットを持ってサ室に入って、出たら水をかけて流して戻すように」

と書いてある。

承知しました!( ゚Д゚)ゞ


ふと、サ室ドア脇の温度計を見ると、90度を示していた。 ( ゚Д゚)ゞ


中に入ると、いかにもフィンランド式みたいな雰囲気。アロマ的なかぐわしい匂いが漂う。

真正面にサウナストーブがあり、左脇に2段式、右脇は1段式。奥の壁にTVがあり、12分計もある。

町銭湯にしては「広い」と感じるサ室で、スーパー銭湯ばりの広さかな?14.5人くらいは座れそう。


てか、ホンマに90度かぃな?

割と熱い。いい感じに蒸されたョ。

サウナから出たら、立ちシャワーで汗を流す。(水温調節可能で水も出せるホース式シャワーだ。)

ホースは足など好きな部位にかけられるから好き。

キンキンの水風呂!

で、水風呂の水温は

8度を示していた!

冷たーい!


冷たくて冷たくて、膝下・肘下の手足末端が

痛いっ!!


特にふくらはぎが痛くて、もっと水風呂に浸かりたいけど、1分も持たずに出てしまう。

いやー、つめてー{{ (>_<) }}。

で、内湯には休憩スペースはない

(カラン前に座る人はいたけどね。)


ヌーランド公認(❔)の休憩スペースは、露天風呂への扉を開けた横の椅子だけ。

まぁでも、風呂場から椅子を持ってきて階段に座ってる人もいた。


ヌーランドには休憩スペースがあるといいなー(心の声)

スポンサーリンク

2階には何があるのか?

風呂を出たら、数々のロッカーに

ヌーランドのピンク色フェイスタオルがドアに挟まれてぶら下がっている。

さながら幸せの黄色いハンカチならぬ、湯上りのピンクの浴用タオルだ。

どうやらどこかへ出かけてるようだ。

ここで「全館利用」てやつを思い出す。風呂入って2階に行ってるのか?

2階には何があるのか?

行ってみたv。


2階はお座敷の食事処、そしてマッサージ休憩処がある。

※休憩処は「館内着を着用せよ」と入り口に貼り紙がある。

2階にいる人は、男女問わずほぼ皆、館内着を着ていた。

館内着ではない小生はそそくさと退散。‥…━━━ΣΣΣ≡ヘ(*-ω-)ノ(小心者)


てなわけで1階に降り、サウナキーとタオルを返却し、下駄箱の鍵を受け取り退店。


月例川崎マラソンが26日開催の時は是非ヌーランドへ!

終わり

スポンサーリンク