神奈川県横浜市を流れる早淵川河川敷のランニング・ガイド!

2020年12月7日

横浜市青葉区から港北を流れ鶴見川に合流する早淵川(はやぶちがわ)。国道246上のあざみ野付近から鶴見川に合流する綱島地点までの約9kmのランニング・ガイドです。

スポンサーリンク

早淵川とは?

源流は神奈川県横浜市青葉区美しが丘西二丁目にあります。横浜市都筑区、港北区を通って港北区綱島西二丁目付近で鶴見川に合流する川が早淵川です。全長は約14キロ弱となっています。

ちなみに、鶴見川に合流する地点から、鶴見川河口までは約9キロ。つまり早淵川げんりゅから河口まで走れば23キロくらいになります。

早淵川を国道246の関根橋から鶴見川合流地点までランニング!

関根橋→センター北・南→中原街道の区間

今回、源流の場所を掴みかねたので、分かりやすいところからスタートします。国道246のあざみ野付近にある早淵川上の関根橋から、綱島まで向かいます。

国道246の早淵川地点
国道246号線のあざみ野付近、関根橋からスタートします(2020/12/6撮影)
神奈川県横浜市を流れる早淵川流域
走り出して早々、のどかな田畑風景が広がります。車は侵入してこない区間なので走りやすいです。 (2020/12/6撮影)
神奈川県横浜市を流れる早淵川流域
2.5kmほど走るとセンター北・センター南の近代的なマンション群。ここを過ぎると再びのどかな住宅街に変わります 。(2020/12/6撮影)
神奈川県横浜市を流れる早淵川流域
4km地点の中原街道と交わるところ。複雑に交差し走りづらいです。交通量が多いため、歩道と信号に従った方が安全です。 (2020/12/6撮影)

スポンサーリンク

中原街道→鶴見川合流→大網橋区間

神奈川県横浜市を流れる早淵川流域
中原街道を横断し、再び早淵川沿いに戻ります。ここからの川沿いは車も走行できるので注意が必要です。 (2020/12/6撮影)
神奈川県横浜市を流れる早淵川流域
5.5km辺りの第三京浜の高架下。 (2020/12/6撮影)
神奈川県横浜市を流れる早淵川流域
第三京浜下あたりからは、車が侵入してこないので走りやすくなります。 (2020/12/6撮影)

中里橋を過ぎると、高田から新羽・新横浜方面へ抜ける宮内新横浜線という道路が整備工事中です。綺麗で広い道路に変わっています。

その周辺の早淵川右岸も令和2年8月17日頃から令和3年7月30日頃まで街路整備工事のため終日通行止めになっており、迂回を促されています。

早淵川の宮内新横浜線周辺の道路工事
河川敷は走行不能につき、迂回が必要です(2021年6月7日撮影)
神奈川県横浜市を流れる早淵川流域
8km過ぎの新川橋。鶴見川合流地点に近くなるにつれ、交通量の多い橋を横断する必要があります。信号がないため左右の安全確認は必須。 (2020/12/6撮影)
神奈川県横浜市を流れる早淵川流域
鶴見川と早淵川の合流地点。ここまで約8.5km。 (2020/12/6撮影)
鶴見川河川敷の綱島地点
綱島駅南側の土手。BBQをしている人が多いです。 (2020/12/6撮影)
鶴見川河川敷の大網橋下
大網橋で終了。ここまでで約9km。ここから鶴見川河口まではさらに9kmほど残っています。 (2020/12/6撮影)

スポンサーリンク

アプリのマップでコースと高低差を確認

今回NIKE Run Clubで早淵川河川敷のランニングをトラッキングしていたので、コースマップと高低差を下に貼り付けます。

早淵川ラン
NIKEランアプリのトラッキングデータ

河川敷なので基本的に高低差は少なく、平坦なのですが、橋を横断するときに細かなアップダウンがあるのは致し方ないところ。

また同時に車道を横断しなければならず、一時停止が必要なので、止まらずLSDをしたい場合やスピード練習には不向きでしょう。

さらに一部区間では車が侵入可能なので、注意が必要です。しかしながら、のどかな田畑が広がる風景と、近代的な風景を楽しめるランニングコースでもあります。

ランニングの汗を銭湯で流そう!

早淵川を大網橋までランニングした後に最適な近隣の銭湯を紹介します。

スポンサーリンク

河川敷ラン

Posted by