菊名の福美湯はサウナ・水風呂・外気浴で整える種類豊かな銭湯だった!

2022年1月8日

鶴見川ランの汗を流しに、横浜市港北区菊名にある銭湯「福美湯」へ行ってきた。

スポンサーリンク

菊名駅から徒歩4分!

福美湯の最寄り駅はJR横浜線・東急東横線の菊名駅

特急や急行が停まる交通の要所、菊名駅から徒歩約4分(距離約350m)とアクセス良好なのだ!

綱島街道から路地に入ると福美湯がある。

菊名の銭湯「福美湯」の外観
銭湯ぽくない外観なので看板が目印だ。
(2022年1月撮影)
菊名の銭湯「福美湯」の看板
ロッキーヒルサウナ?の赤文字が目立つ電気看板。風呂の種類を多そうだ。
(2022年1月撮影)

営業開始は15時から

福美湯の営業時間は15~23時。

定休日は毎週月・火曜だ。

15時に営業開始だから、横浜月例マラソン後に訪れることができないのが、

非っ常に残念だ!

(。´・ω・`。)ショボーン

菊名の銭湯「福美湯」の入り口
自転車が店前に停められている。いざ福美湯へ!
(2022年1月撮影)
菊名の銭湯「福美湯」の貼り紙
毎週土曜日はレモン湯か。(2022年1月撮影)

玄関の両脇には鍵付きの傘立てと下駄箱。
茶色・半透明の扉の小さな下駄箱に、小生のNIKE厚底ランニングシューズ28センチをかろうじて格納し、鍵をかけロビーへ。
すぐ左手がフロントだ。

おかみさんに入浴料金490円500円現金支払い

横浜市菊名の銭湯「福美湯」の料金表
2022年11月時点の入浴料金表

下駄箱の鍵が木札でもなく、現代的な銭湯なので、券売機ありそうな雰囲気だけど・・、

券売機はなかったw。

スポンサーリンク

サウナは入浴料金+300円!

サウナは入浴料金に加えて別途300円だ

タオル&サウナマットがバッグに入れて渡される。

フロントに向かって左手が男湯
暖簾には「男」とかなく、色もニュートラルだから、ぱっと見でどっちが男湯が女湯か分かりづらい。

当てずっぽうで侵入して犯罪者にならずによかったw。

暖簾をくぐるとすぐ目の前は壁。左へ回り込むように脱衣所へ。

脱衣所の外に中庭がある!

すると、目の前のサッシ向こうには中庭がある!
(冬以外は冊子が開放されている)

そこに裸の人が休憩してる!?
外気浴できそう!?
これは後で行ってみよう。

脱衣所に入って左手には、洗面所とトイレと化粧台
化粧台には小型ドライヤーが1機あり、

無料で使用可能だ!

脱衣所内に洗濯機がある⁉

女湯側の壁には、ロッカー(4段)と洗濯機が3台(!?)

コインランドリーは福美湯に併設でなく、銭湯内にあるようだ。

洗濯機は3台全てが稼働してた(意外と洗濯する人いるのね)。 


中置きロッカーというか、庭のサッシ前にカウンターキッチンみたいな感じでロッカー(3段)がある。
一般用ロッカーはこの二面だけ。

もう一面にあるロッカーは貸しロッカーだった。

一般用ロッカーの数が少ないかもしれない、こぢんまりとした脱衣所だ。


天井は高くて、格天井

(けど、ベース照明が埋まってるから暗くはない。)

あとシーリングファンも回ってる。


ちょっとトイレいっとこ。ヘ(;^^)ノ


「ガチャリ」とトイレのドアを開けると、

待ってました!いらっしゃいませ!

と言わんばかりに、
トイレの灯りが点いて、便座がウィィ~ンと立ち上がった。


こりゃすげえ!!(感動

(´Д`)ジョボジョボ

さて、ロッカーの鍵はカールコード付き。

プチ潔癖な小生としてはゴム紐だと萎えるので、ナイス。

福美湯のロッカーは小さめだ。

ブリーフケースは多分入らないから、仕事終わりにはちときつい

ゆえにか、「ロッカーを1人で2つ使うな」と注意書きが貼ってある。
(゚Д゚)ハァ?
大きいロッカーを設置してくれや~。

ランニングウエアを脱ぎ捨て、さぁ風呂へ! 

風呂場へ行く途中、家庭用の平べったい体重計が中央にその存在を消すかのように、もしくは踏み絵のようにさりげなく置いてあった。

スポンサーリンク

浴室ドアの段差に気をつけよ。

浴室への半自動ドアは、段差がある

「つまづかないように要注意だ!」

※躓いた人より

(><)


浴室も小ぢんまりとしているが、洗い場と浴槽をテトリスのようにうまく組み合わせて、狭いながらもスペースを有効活用しているように感じる。


女湯側の壁に逆L字型に内湯がある。

島カラン(5×2)に加え、外壁側にカランが7つと、突き当たりの背景画下にもカランが3つある。

ということで、狭いながらもトータル20個のカランを確保している。

(通路動線がやや狭いところもあるがw)

で、外壁側に露天風呂へ出る扉とサウナ室の扉がある。
そして浴室出入り口の左手には、脱衣所に食い入る形で水風呂がある。

間取り的には、ざっとこんな感じ。


福美湯はシャンプーソープの設置はなし

要持参だ。


シャワーの温度、水圧は申し分なし。

カランやシャワーヘッド、鏡は、水垢等こびりついてなく綺麗だ。清潔感がある。

さらに島カランのシャワー上は、ラックが付いていて、浴用品が置けるからGood。

カラダを清めたら風呂へ。
脱衣所側の風呂から攻めていこう。

スポンサーリンク

まずは日替わり薬湯。

訪れた日の日替わり薬湯はレモン+ゆず湯だった。

土曜日じゃないけど、柚子も加わって得した気分。(*’v`d)

ライムグリーン色のタイルの浴槽は段差あり。
段差を降りると水深約90cmで深めだ。

(中腰になれば肩まで浸かり、段差に座れば半身浴が可能だ。)

少し熱めのお湯で、水温計は42度を示していた。

そして水温計の下には、半分にカットしたレモンが大量に入った袋と、これまた大量の柚子の皮が入った袋がぶら下がって沈んでいた。

だからかどうかは知らないがお湯は少し濁っていた。(´・ω・`)ゞウーン


横浜都筑のスーパー銭湯「港北天然温泉ゆったりCOco」のハーブ湯と違ってふんだんにレモンと柚子を入れているからGood。

床から沸き立つバイブラ気泡が水面で弾けると、柑橘系のいい香りが漂う

果汁で風呂が酸性になってるかと思いきや、皮膚はヒリヒリしなかったw。

(むかし自宅でゆず湯をやった時、柚子を握り潰して遊んでたら、皮膚がピリピリ痛くなった経験あるのだw。)

また別のある日に訪れた時は、10種の生薬風呂だった!

生姜や大茴香など10種の漢方が袋に詰まっていた!
生薬の匂いがプンプンだった!

この薬湯の浴槽は大人2人が並んで入っていたら、入ることを躊躇してしまうくらいの狭さだが、水深が深いので、段差に座るなどすれば4.5人は入れそうだ。

岩盤泉?

隣の黄緑色タイル(さっきのライムグリーンとは違う色)の浴槽は3種類のバスが連なっている。

まずは岩盤浴ならぬ岩盤泉

7つの鉱石を粉末にして高熱磁器加工して作った岩盤タイルを、浴槽の背もたれ・座面・床に使用した風呂だ。

遠赤外線効果などにより、血行がよくなり、自律神経や肌などに良い効果をもたらすそうだ。
さらに壁の説明書きには、「半身浴がおすすめ」とある。

座席は2名分あり、水枕付き

半身浴すると、水枕に頭を載せられないww

お湯の温度は薬湯と同じく42度を示していたが、岩盤泉の効果は・・・、

ようわからんw。

けど効果を期待しよう。
この手のお風呂は大和市鶴間のつるま湯にもあったなぁ。

その隣にはジェット座風呂が2人分。

脚を伸ばせるスペースがないので下半身はバイブラがぶくぶく。ジェット水流は腰に1条、背中に2条が当たる。

こちらのジェット座風呂も水枕付き
冷たくて気持ちいいが、フィット感がイマイチ。

多分、蒲鉾みたいな半円上の水枕をヘリの上に置いてあるからかな?。背もたれにも食い込むように270度くらいの水枕だと、きっともっとフィットして気持ち良いと思う。


で、その隣が電気風呂
福美湯の電気風呂は、

押し・揉み・叩きの3パターンがある「揉十兵衛」だ!

両足を電極へ投げ出し、下肢のマッサージ!強さやポジション含め、福美湯の電気風呂は気に入った!

スポンサーリンク

人工高濃度炭酸泉もある

最後に奥にある群青色の浴槽。

フックのような形、もしくはアルファベットのJ(ジェイ)のような形の浴槽は高濃度人工炭酸泉

炭酸風呂らしくお湯の温度はぬるめ38度だ。
また、炭酸ガス含有量は1300と掲示してあった。

一般的には含有量が1000〜1400で、湯温は36〜38度らしい。

で、炭酸泉だと実際の湯温より2度くらい熱く感じるらしい。

いや、ぬるいんだがw。

炭酸ガスにより血行が良くなるので、湯に浸かった部分は紅くなるらしいがホントだった。

ただ、福美湯の炭酸泉は、水面に汚れや毛が目立って、プチ潔癖にはちと萎える⤵。

それを知ってか知らずか、浴槽の脇に金魚すくいの網が置いてある。

炭酸ガスが抜けるから、水風呂みたいに大胆豪快に水面の汚れを掻き出すことができないのだ。 

炭酸泉の浴槽も水深が深く、段差があるので5.6人は入れそうだった。

ちょうど半身浴しながら風呂場を見回す。

格天井しかり、浴室の天井も高く、昔の名残を感じる。(大幅にリニューアルしたのだろうか?)


いやそれより背景画が必見だ。

アルプス山脈みたいな背景画はモザイクタイル画。

男湯~女湯を貫通している上に、天井からカラン上の鏡まで、ほぼ壁全面がタイル画!

壮大だ!

あと内湯にあるのはサウナと水風呂。

ロッキーヒルサウナ!

福美湯のサウナは、サウナストーンによるロッキーサウナ

サ室ドア上の温度計は80度くらいの中温を示していた。
ドアはキーなし。ゆえに「サウナ有料」とドアに貼ってある。

また「人数制限9名」と書いてあった。(2022年1月時点)

サ室のドア横にはフックがあり、皆サウナバッグをかけていた。
またサウナマット回収ボックスもある。

福美湯のサウナは結構人気があるみたいで、客数多く、フックもサウナバッグがいっぱい掛かっている。カラン上にも置いてあるし。

定期的に店のおやっさんが、使用済みマット回収にも来ていた。

(今度時間ある時はサウナも入ろ。)

そして、水風呂

水深90cmで深め

水温計は16度を示しており、冷たーい。


やはり薬湯同様、狭そうに見えて深いから、4人くらいは入れそうだ。

福美湯はこれだけのバリエーションを揃えた内湯があるにもかかわらず、露天風呂もあるのだ!

スポンサーリンク

和風なジャグジー付き露天風呂

露天スペースは石壁の長方形の間取りで、対極図みたいに洗い場と風呂に分かれている。


屋外に出るとまず洗い場で、シャワー付きカランが3席分ある。
この洗い場スペースに休憩用の椅子はないが、内湯から椅子を持ってきて外気浴しているサウナ客が多数いた。

この洗い場の上には屋根がある。一方、露天風呂スペースは屋根がない。

そして、石壁の上には竹囲いもあるので、覗かれはしないがかなりの高さ。よって、空は見えるが開放感は少なめ

で、石造りの露天風呂は白湯のジャグジー。

だから露天風呂より内湯の方が個人的にはいいかな。


貼り紙で「薪の都合上、温度を上げきれなくて御免」とお詫びの紙が貼ってある。

いや、個人的にはこれで大丈夫だぜ。(体感40度くらい)


というわけで、温冷交代浴と外気浴休憩を3セットかまして風呂を出たのだった。

水が出る立ちシャワーもあるとよかったな。

福美湯は若い客とサウナ客が多かったけど、黙浴せずにしゃべる輩がいたのはマイナス。あとお絵描きね。((((;゚Д゚))))


おっと、そういや脱衣所の中庭も行ってみよう。

中庭で外気浴もできる!

中庭スペースは庇付き(雨でも可)で、中央になんと、

ストーブ付きの丸テーブルが置いてある!

冬はあったかくてイイね。


で、テーブルを囲むようにベンチが4台置いてある。
さらに「ケツ直でベンチに座るな#」ってことで、

ベンチに敷く用のタオルも置いてある!

中庭へ行くには脱衣所を通過しないといけないので、都度都度カラダを拭くのが面倒臭いが外気浴にイイね。

願わくば、浴場からダイレクトに中庭に行けるとサイコーだ!

さらにさらに、脱衣所内に自販機もあるのだがポカリ以外にビールも売っている

風呂上がりの一杯を中庭でできるのもサイコーだ。( ̄ー ̄)/C□

スポンサーリンク

熱帯魚がいるロビーも必見!

※福美湯はこれだけじゃ終わらない。

ロビーも必見だ!

熱帯魚が泳ぐ丸テーブルがある!

要は水槽兼テーブルなのだが、水槽内にはサンゴも入れており、ニモみたいな熱帯魚が泳いでる。
他にはブルーのカワハギみたいな魚やサンタクロースみたいなエビもいたり、見ていて面白い。

ロビーだけじゃなく風呂場でも熱帯魚を観賞できるとイイのに・・・、

と思ってしまった。


また、ロビーの奥に小部屋がある。
フットマッサージ&リモコン付きのマッサージチェアが鎮座し、周りをドライフラワーで彩られている。

ドライフラワーはロビーの壁にもかけられている。


何これw?

どういうコンセプトw?


そしてロビーの奥には、乾燥機も2台置いてある。
乾燥していたのはサウナマットやタオル。

渋谷のさかえ湯みたいに客と店の共用なのか?
てか乾燥機2台とも店のタオルを乾かしてるから、

客、使えないじゃんw。

もしかして脱衣所の洗濯機も3台全て、店のタオルやマット洗ってた??


というわけで、福美湯の魅力を味わうにはサウナ付けてもう1回は行かないとかな!


日曜日の営業開始時間が早ければ、よこはま月例マラソン後に足繁く通えるのになぁ。

残念!

切望!

あと、若い女性客も見受けられた。

つづく

スポンサーリンク