東白楽駅の銭湯「徳の湯」は横浜月例マラソンの汗を流すのに最適だ!

2021年4月20日

よこはま月例マラソンの汗を流しに、横浜市神奈川区西神奈川にある銭湯「徳の湯」へ。

スポンサーリンク

東横線「東白楽」駅の目の前にある

徳の湯は東急東横線「東白楽」駅徒歩1分!、距離にして約50m!駅を降りたらもう目と鼻の先なのだ。

東白楽駅は各駅停車しか停まらないが、絶好のアクセスといえよう。

また他の路線でも、徳の湯へのアクセスは良好だ。

JR京浜東北線・横浜線「東神奈川」駅まで距離にして約850m、徒歩約12分だ。

そしてもう1路線ある。京浜急行本線「京急東神奈川」駅だ。

距離にして約950m、徒歩約13分。いづれも距離1km圏内だ。飲食店は東神奈川の方が多いので、打ち上げにも最適だ。

東白楽の銭湯「徳の湯」外観
ビル銭湯。1階2階が徳の湯だ。(2020年8月27日撮影)

スポンサーリンク

日曜・祝祭日は朝9時から営業開始!

徳の湯の営業時間は下記の通り。

営業時間
平日・土曜11~23時
日曜・祝日9~23時

日曜・祝祭日は、朝9時から営業しているのだ!

毎月第3日曜日に新横浜で開催される、よこはま月例マラソン終わりに立ち寄れるからありがたい。

なお、定休日は毎週木曜日だ。

東白楽の銭湯「徳の湯」の看板
徳の湯は男湯と女湯が日によって入れ替わる日替わり浴場。(2020年8月27日撮影)
東白楽の銭湯「徳の湯」の看板
お風呂の種類も色々ある(2020年8月27日撮影)

下駄箱の鍵は自己保管制。右手にタッチパネルの券売機がある。入浴料金490円を投入してチケットを購入し、フロントへ提出。

サウナ100円は安いね。

上述の通り、徳の湯はデイシフトバス。1階にある風呂は「市の湯」、2階は「徳の湯」と名付けられている。

1階「市の湯」

徳の湯の1階の風呂は「市の湯」と名付けられている。
「市場のように人が集まり、コミュニケーションが取れて、情報が得られて、徳をするお風呂」らしい。

コロナ下ではあかんな。

黙浴!!

市の湯の入り口前は、こぢんまりとしたロビー。正方形の小さなマホガニー調ローテーブルを囲むようにL字のグレーのビニールレザー製ソファーが置いてある。座れるのは4人くらい?がマックスかな。

ロビーには大塚製薬の自販機も設置されている。見上げると液晶TVが置いてあったが、電源は切られていた。

またロビーを囲むように貸しロッカーも設置されている。洗面器の入るサイズがざっと72個。料金は1ヶ月500円。上下段は300円とのこと。結構名前が書いてあって、借りられてるようだ。

いざ、市の湯へ。

脱衣所の壁クロスはレンガプリント。ニス輝くフローリングの床、清潔感がある。
入って両サイドにロッカー。つまり外壁側とフロント側。
ロッカーは三段で上二段は正方形、1番下が縦長の大きいロッカー。
縦長は中にハンガーバー渡されハンガー1本ぶら下がり。
ロッカーの鍵はカールコードで潔癖にはありがたい。
脱衣所の中にはコカコーラと明治乳業の自販機がありその上にてれひが映し出されている。
トイレは洋式。洗面台にドライヤー1機と、持ち込み用コンセント。いづれも3分20円。
フットマッサージ付きマッサージチェアが脱衣所の中央にある。15分200円。
2人掛けようのベンチも1台
ランニングウエア脱ぎ捨て半自動ドアを開け浴室へ。
カランは21。外壁7と島カラン7+7。シャワーのレバーはどこぞと同じ右から左へ180度回すやつ。カランや鏡などは使用感がいなめない。水温水圧は申し分なし。
内湯は広い。ジェット系バスと人つながりなんだけど、広い。ブルーのタイルで広いからプールみたい。白湯のエリアは小さい子ども泳ぎたくなるだろう。
水温は41度を指していたが、おそらくそれより緩く感じる。
歩行風呂。四隅からジェット水流が出て流れるプールみたいになってる。下に小石が敷かれているから足ツボ刺激も。浮力のためそんなに痛くない。水深120cmと深いから子どもは注意。
座風呂は2人分。座面からバイブラ気泡がぶくぶく.水枕付き。
寝風呂は3人分。水枕付き。肩、背中、尻、下腿に2条のジェット水流。下腿のジェットは足を伸ばせば膝の裏、膝を立てれば足裏にヒット。この寝風呂は気に入った。
電気風呂は電極が相対して2つ。電気が強い!不用意に足を突っ込んで痛かった。もみパターンなしのビリビリタイプ。
温冷交代浴しようと立ちシャワーへ。1人分ある立ちシャワーはホースタイプ。自分の好きな部位にかけられる。湯水出るので温冷交代浴に最適。
サウナは鍵付き。フロントで渡されるのだろう。サシツ上の温度計は92度を示していた。この日は入らなかったけど外から窺い知るに、二段のタワー式で広め。10人くらいは入れそう。
サウナ室前の水風呂はきんきん。水温計は10度以下の一桁温度!?壊れとるな。3人くらい入れる大きめ水風呂。
背景画は富士山のペンキ絵。20年と新しく描かれた相模湾?あたりからの富士山かな。
内湯以上。
露天風呂もある。ドアを開けると石造りの和風な露天風呂。人工温泉だ。硫塩泉でナトリウムなど含む人工温泉は血行を良くして冷えなど改善。お湯は色や臭いなし。露天風呂も結構広い。徳の湯のお風呂は基本大きめスペックでゆったり入れていいね。
一角は打たせ湯になっている。
石の壁の上にさらに竹囲いを設けて覗かれないものの開放感はあまりない。けど空が全く見えないというわけではない。
露天風呂の前には2人は座れるベンチが置いてあるので外気浴か可能だ。

2階「徳の湯」は洋風

脱衣所のロッカーは下段が縦長で大きなリュックでも安心だ。頭上にTVがあり、ベンチもあるのでサウナの休憩にも最適だ。

内湯の種類は、

  • 電気風呂
  • ハイパワージェット
  • ボディーマッサージ
  • 座風呂
  • 檜風呂
  • 立ちシャワー×2
  • サウナ
  • 水風呂

内湯の湯温は38度を示していたけど、体感的にはもっとありそうで、40度くらいはあるんじゃないか!?ぬるくは感じなかった。

仁の湯は檜風呂がある。木曽檜。香りがいい。そしてざらっとした肌触りも心地よい。檜風呂は36度を示していたけど、やはり体感的にはもっと温度は高そうだ。つまり、ぬるくは感じない。

続いて露天風呂。タイル張りの洋風風呂だ。

ライオンが口からお湯を吐いている

もとい、ライオンの口からお湯が注がれている(笑)。

お湯は各地の温泉の成分に寄せた天然でなく人工温泉。お湯に色は付いていない。透明だ。

露天風呂は打たせ湯と寝風呂になっている。寝風呂で仰向けに寝そべって、頭上の青空を流れる白い雲を眺めていた。

湯温は42度を示している。もっと湯温が低ければ、もっとリラックスして空を見上げられたのになぁ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク