246をランニングして池尻大橋の銭湯「文化浴泉」に入ってきた!

青梅のトレイルランニング15Kを検討していたら、エントリー締め切りになってた肉です。長考しすぎたorz。走力の落ち幅を抑えるべく、とりあえず銭湯ランへ。今回は渋谷に所用ありで池尻大橋の「文化浴泉」を目指します。

スポンサーリンク

国道246を東上し、池尻大橋を目指す!

神奈川県内から世田谷区瀬田までにある激坂2つを制する!

入浴道具と着替えを入れたリュックを背負って、家を出て走り出します。川崎市宮前区馬絹あたりから246へ入ります。

246下、馬絹の激坂
馬絹の激坂!

写真右上の高架が246なんですけど、246へ合流するここの上り坂は中々モチベーションが下がりますw。トレーニングと言い聞かせて登ります。1㎞くらいかけて高低差30mを登る区間です。

246の新二子橋
溝の口を過ぎ、二子玉川の新二子橋を渡ります
二子玉川高島屋
ハイソでオシャレな玉川高島屋の間をおっさんランナーが走り抜ける!

二子玉川の街は歩行者が多いので、スピードに気を付けて走ります!そして待ち受けるのはもう一つの激坂・・・。

二子玉川から瀬田へかけての激坂
瀬田の交差点へ至るまでの激坂!

二子玉川のブルックスブラザーズを通り過ぎた後に現れる激坂!800mくらいで高低差20mくらいです。246をランニングするときは、二子玉川~瀬田の坂と、馬絹~梶ヶ谷の坂に毎回覚悟を強いられますw。

都内に入ったら歩行者と自転車に気を付けて246をランニング!

瀬田交差点の歩道橋
瀬田の交差点の歩道橋を渡り、右側の歩道へ渡ります。

目指す銭湯は右側にあるので、瀬田の交差点で右側の歩道へ渡ります。そして246を再び走り始めます。時間があれば駒沢オリンピック公園の周回も取り入れたかったですね。時間がなかったため、今回は断念。

246の上馬交差点
駒澤大学駅を過ぎ、246と環七が交わる上馬交差点

三軒茶屋を走り抜け、池尻大橋駅を通り過ぎます。本来、池尻の駅入り口辺りで右折するべきところを通り過ぎてしまいました(汗。ついでに目黒川の様子でも・・・。

目黒川沿い
目黒川で右折。桜が待ち遠しい。

Google mapで確認しながら目黒川沿いを走り、ついにゴール設定した銭湯「文化浴泉」に到着です!

池尻大橋の銭湯「文化浴泉」外観
池尻大橋の銭湯「文化浴泉」
池尻大橋の銭湯「文化浴泉」の入口
半地下を降りていざ入店!

文化浴泉は銭湯ランナーフレンドリーな銭湯だった!

池尻大橋の銭湯「文化浴泉」の注意書
銭湯ランの案内が玄関に貼ってある!

ランニング利用時はフロントへ申告!

ランニングシューズを脱ぐために紐を解こうとかがむと、目に飛び込んできた「ランニング銭湯をご利用のお客様へ」という案内!

銭湯をランニングステーションとして利用したい時は、来店時にその旨を申告するようです!

またランニングと入浴を合わせて利用時間は2時間以内に収めるようです。サウナも利用するなら3時間以内とのこと。

下駄箱の鍵はフロントに預ける!

下駄箱にランニングシューズを入れ、店内に入ると「こんにちはー!」とフロントにいる女性から元気な挨拶!こちらも「こんにちは」と返します。スポーツマンですから。

入浴料金470円の支払い時、下駄箱の鍵も渡すよう促されます。下駄箱の鍵を預けると脱衣所ロッカーの鍵をもらえます。

入浴料金470円の支払い時、下駄箱の鍵も渡すよう促されます。下駄箱の鍵を預けると脱衣所ロッカーの鍵をもらえます。

ロビーは広いです。ジャジーなBGMA流れ、テレビ、テーブル、イスなど揃い、ランニング仲間が集うのにぴったりな雰囲気です。

さて、脱衣所からは銭湯マナーに則り写真でなく、私の拙い絵でお送りします。

オシャレでムーディー!

脱衣所に入ると何ともオシャレ!天井にベース照明はなしで、アンバーな間接照明のみ。ライトに照らされるマホガニー調のウッディなロッカー。ムードがあります。

(文章力が乏しくうまく言い表せないので、「文化浴泉」HPなど見てください)

池尻大橋の銭湯「文化浴泉」の脱衣所見取り図
脱衣所見取り図。2Dに加え3Dのイラストを加えました。

ホスピタリティ高め!

自分にあてがわれたロッカーを見つけ、よくよく脱衣所を見てみると、中央にハンガーラックがあります!入浴者のコートがかかっています!

ロッカー自体はそれほど大きくもありません。冬ですので銭湯へ来るまでに着ていた外套をどうするか・・・。ゆえにハンガーラックなのですね。ハンガーもいくつかかかっていますのでハンガー持参の必要はありません。今まで行った中ではハンガーラックのある銭湯はありませんでした。

そして、ハンガーラックの向こう側にはアクリルで仕切られたタオルボックスがあります。これは表参道の清水湯の浴場内にもありました。しかしよく見ると、文化浴泉のタオルボックスの横にはジッパー付きのビニール袋がぶら下がっているではありませんか!

こちら、濡れたタオル類をこのビニール袋に入れて帰ってね、という心配り。なんともホスピタリティ高めで親切な脱衣所です!

その他、脱衣所には体重計と冷水器がありました。またドライヤーが2機あり、20円で3分でした。

いざ、ランニングウエアを脱ぎ去り、次の浴場へ勇み入ります!

浴場もオシャレでムーディー!

池尻大橋の銭湯「文化浴泉」の浴場見取り図
浴場見取り図。壁には富士山の絵。

浴場もベース照明なしで、洗い場に据えられたアンバーな間接照明でいい雰囲気です!男ばかりですけど・・・。

洗い場は15席ほど。結構混んでました。ちなみにシャンプーやボディーソープの備え付けはありません。

ジェットバス3つ!

体を洗い終わりジェットバスで筋肉をほぐします。ジェットバスは3つありました。

お湯につかりながら壁の貼り紙を見ます。日曜日ごとに様々な薬湯をやっているようです!2月は生レモン湯・生薬湯・ぼんたん湯に、チョコレート湯!?

バレンタインのある2月ならではのチョコレート湯は非常に興味そそられます!今回行ったのは土曜日なので、どの薬湯にもはいることができず残念・・・。

NANOバブル湯!?

お次は隣にあるNANO湯なるものに入ります。炭酸泉や炭酸湯は割と見かけますが、NANO湯は初めてです!

貼り紙を読むところですと、ナノバブルが含まれており、体が温まるのはもちろん、ダイエットや健康によいようです!確かに泡が微細なため、お風呂が白濁して見えます!

また別の貼り紙には大きな声で話さないよう、注意書きもありました。女湯を隔てる壁は低めですが、女子の声は聞こえてきません・・・。

サウナは行列!

別料金でサウナと水風呂もあります!外から見る限り、あまり広くはなさそうでした。サウナ前に2,3人行列してました。行列用か、サウナ前に椅子が二脚ありました!

最後に立ちシャワーで軽くアイシングして、お風呂を出ました!

星評価3★★★!!

混んではいるのですが、表参道の清水湯や目黒の光明泉ほど気になりませんでした。ので星3つです!

ランナーフレンドリーでもありますので、目黒川沿いのお花見ランもしてみたいです!

池尻大橋の銭湯「文化浴泉」のデータ

池尻大橋の銭湯「文化浴泉」の営業案内
文化浴泉の営業案内の看板

営業時間

  • 15:30~25:00(最終受付24:30)
  • 日曜日朝湯 8:00~正午(最終受付11:30)
  • 定休日 不定

入浴料金

  • 大人 470円
  • 中人(小学生) 180円
  • 小人(6歳未満) 80円(大人1名につき同伴の小人1名無料)
  • サウナ利用 770円(貸しタオル大付き・小学生以下サウナ利用不可)
  • 手ぶら入浴セット(シャンプー・ボディーソープ・貸しタオル小付き) 570円
  • 手ぶらサウナセット( シャンプー・ボディーソープ・貸しタオル大小付き) 870円
池尻大橋の銭湯「文化浴泉」の注文チャート
注文チャート

備品等の販売

  • 貸しタオル(小) 50円
  • 貸しタオル(大) 100円
  • シャンプーなど 50円~
  • 入浴回数券(10枚) 4,400円
  • サウナ回数券(12枚) 3,000円
  • プライベートロッカー(1か月) 500円 

お風呂の種類

  • NANO湯
  • ジェットバス×3
  • バイブラバス
  • サウナ
  • 水風呂
  • 立ちシャワー

施設

  • コインランドリー併設

地図

アクセス

東急田園都市線「池尻大橋」駅より約300m(徒歩約5分)

スポンサーリンク

銭湯ラン

Posted by